NEW PRODUCTS 新製品

機能性と発展性に優れた“GROM/MSX125用スペシャルクラッチカバー”

商品詳細

スペシャルクラッチカバーキット(ワイヤー式)

スペシャルクラッチカバーキット(ワイヤー式)

税抜価格 38,000 円
対応車種 GROM・MSX125・MSX125SF
:GROM(JC61-1000001~1299999)
:GROM(JC61-1300001~)
:MSX125(MLHJC618_D5000001~)
:MSX125SF
品番 02-01-0150

スペシャルクラッチカバーキット(ワイヤー式) ワイヤー式

クラッチカバーとR.クランクケースカバー

■アルミ鍛造クラッチカバー(ワイヤー式)
ワイヤー式クラッチは、軽くスムーズな操作で定評のあるラック&ピニオン方式を採用。
カバーはアルミ鍛造製を採用し、表面にはショットブラストを施しています。

■アルミダイカスト製R.クランクケースカバー
R.クランクケースカバーにはアルミダイカスト製を採用。カバー表面はブラック塗装を施しています。
カバーはノーマルクラッチ、弊社製スリッパークラッチ、弊社製強化クラッチ(湿式 / 乾式)近日発売予定に対応。
クラッチカバー購入後、強化クラッチ(湿式 / 乾式)にバージョンアップが可能です。 
※仕様変更は弊社指定パーツの別途購入が必要になります。

スペシャルクラッチカバーキット(ワイヤー式) オイルスルーナット

オイルスルーナット

装着することで、大幅な軽量化が可能!!
遠心オイルフィルター約1069g → オイルスルーナット約123g
付属のオイルスルーナットに交換することで、クランクシャフトに負担をかけるノーマル遠心オイルフィルターを取外すことが出来ます。
これにより、クランクシャフトにかかる重量を約1069gから約123gに変更出来、大幅な軽量化が可能になります。
又、クランクシャフトへの負担が軽減されることで、エンジンレスポンスが向上します。
オイルスルーナットの取付けにより、クランクシャフトへと繋がるオイルラインになります。
オイルエレメントを通る為、いつも綺麗なオイルがクランクシャフトへ流れます。

スペシャルクラッチカバーキット(ワイヤー式) オイルエレメント内蔵

その他詳細

■オイルエレメント内蔵
オイル内にあるスラッジや金属摩耗粉などの不純物をろ過します。
オイル内の不純物を除去することで、エンジン出力の維持が可能になります。
オイルエレメントは信頼性の高い、カートリッジ式ペーパータイプを採用。

■オイルレベル確認窓
オイル量の確認が簡単に行えます。エンジンオイル確認窓には耐久性のあるガラスを採用。

■大型フィラーキャップ アルミダイカスト製クロムメッキ仕上げ 注油口を大きくすることでオイル交換が容易に行えます。

スペシャルクラッチカバーキット(ワイヤー式) 別売オイルクーラーキットとサーモスタットユニット装着

オイル取出し口と特許取得構造

■オイル取出し口
カバー本体より直接オイルクーラーへのオイル取出しが行えます。
弊社には、スペシャルクラッチカバー用のオイルクーラーキットがあります。

■特許取得構造
サーモスタット取付け部とオイルライン構造 オイルクーラーキット(スペシャルクラッチカバーからオイルを取出す仕様)を装着された場合に別売サーモスタットユニットを装着することで、オーバークールを防止することが出来ます。

スペシャルクラッチカバーキット(ワイヤー式) 別売:オイルラインホースキット装着

新機構 

シリンダーヘッド側に流れるオイルラインをオイルエレメント経由に変更出来る新機構を採用。
別売オイルラインホースキットを装着することで、ヘッド側に流れるオイルもオイルエレメントを通過することが出来ます。これにより、オイルスラッジなどによるエンジンダメージを防止します。
オイルラインホースを装着するには弊社製ボアアップシリンダー(eステージ除く)にあるオイルクーラーへのオイル取出し口ボスを使用する必要があります。

スペシャルクラッチカバーキット(ワイヤー式) 装着写真

オプショナルパーツ/注意事項

■サーモスタットユニット 02-01-5052
カバー本体からオイルクーラーへのオイル取出しを行い、別売のサーモスタットユニットを装着することで、オーバークールを防止することが出来ます。
サーモスタットを装着するには、弊社製オイルクーラーキットの同時装着が必要です。

■ブリーザーキャップ(90°スイベルタイプ) 07-06-0001
ブリーザーキャップを取付けることで、弊社製オイルキャッチタンクキット装着時、リターンホースを接続出来ます。

■オイルラインホースキット 00-07-0095
オイルラインホースキットを装着することで、ヘッド側に流れるオイルもオイルエレメントを通過することが出来ます。
これにより、オイルスラッジなどによるエンジンダメージを防止します。
オイルラインホースを装着するには弊社製ボアアップシリンダー(eステージ除く)にあるオイルクーラーへのオイル取出し口ボスを使用する必要があります。

■コンパクトクールキット(スペシャルクラッチカバー用)
カバーにあるオイル取出し口を使用し、オイルクーラーを取付けます。
オイルクーラー本体の取付け位置により、キットが異なります。
弊社製ビッグスロットルボディーとエアフィルターキット装着し、シュラウドステーにオイルクーラー本体を取付ける場合(左写真)、ノーマルシリンダーヘッド下にオイルクーラー本体を取付ける場合、弊社製スーパーヘッド4V+Rヘッド下にオイルクーラー本体を取付ける場合の3種類があります。

■注意事項
GROM(JC61-1300001 ~ )、MSX125SF の場合、クラッチケールのゴムキャップとフレームに溶接されたクランプが近接するので、それらが干渉する場合はクランプを曲げてクリアランスを設ける必要があります。

■製品案内pdfダウンロードはこちら(2016年6月現在のデータです)
pdfダウンロード

↑To top